市場拡大の傾向がみられる安定業種!フランチャイズで「学習塾」を開業しよう | フランチャイズニュース

09/29更新

FCオーナーズ会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちらから

入力されたメールアドレス宛に、
新規会員登録ページの情報をお送りします。

市場拡大の傾向がみられる安定業種!フランチャイズで「学習塾」を開業しよう

2018/07/30(配信元:FCオーナーズ運営事務局)

  • お役立ち情報画像1

学習塾は、フランチャイズで大きなビジネスチャンスを得られる可能性のある業種のひとつ。初期投資が少ないだけでなく、粗利益率が高くなっているため、はじめてフランチャイズに挑戦する方が取り組みやすい業態の一つです。とはいえ、人によっては学習塾のフランチャイズ開業に興味はあっても、専門知識がないという理由から不安感を抱き、なかなか前に進めないということもあるかもしれません。

そこで今回は「学習塾」にフォーカスし、向いている方の特徴をはじめ、フランチャイズにおける学習塾の動向や開業するメリットなどについてご紹介します。

未経験者でも可能?教師・講師経験がなくても向いているのはどんな人?

学習塾をフランチャイズ開業するにあたり、教育業界での勤務経験は一切必要ありません。実際に学習塾のオーナーとして働いている方の多くは、異業種からチャレンジしていることがほとんど。そのため、フランチャイザーの開業・経営ノウハウを学んだり、必要な知識を身につければ、誰でも学習塾のフランチャイズ開業に挑戦することができます。

学習塾のオーナーとして働く上で必要になるのは、「生徒と深いコミュニケーションを取れる」という点です。例えば子どもが苦手な方の場合、生徒となかなかコミュニケーションを取ることができず、仕事の楽しさを見出すことは難しいといえます。反対に子どもが好きな方であれば、気負うことなく密なコミュニケーションを取ることができるので、学習塾のオーナーとしての仕事を楽しみながら全うできます。こうした点から、子どもと接するのが好きな方は学習塾のオーナーに向いているといえます。

また、「生徒の立場になって物事を考えることができる」という点も学習塾のオーナーに必要なポイントです。例えば学習塾としての利益を最重要視してしまうと、生徒が勉学に励みやすい環境を作ったり、人生の先輩としてアドバイスをしたりする機会が減り、生徒の成長を妨げてしまう可能性があります。生徒一人ひとりと向き合い、適切な方向へと導いていくことこそが、学習塾のオーナーの役割です。そのため、人の成長を見守ることにやりがいを感じる方も、学習塾のオーナーに向いているといえます。

この他、人をまとめるのが好きな方や安定した仕事に就きたい方も、学習塾のオーナーに向いています。学習塾をフランチャイズ開業して子どもたちに価値ある教育の場を提供し、社会・地域に貢献してみませんか

まずは知ることから!フランチャイズにおける学習塾の動向

学習塾をはじめとする教育産業は、少子化による影響が懸念される市場です。フランチャイズ開業するにあたり、「うまく経営していけるか」「市場が衰退するのではないか」などの不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。しかし、実際にはそのようなことはなく、学習塾・予備校の市場規模はプラスに推移しています。

とある研究所が行った調査によると、2016年度の学習塾・予備校の市場規模は9,620億円であり、前年度比は0.5%増であることが分かっています。この背景には学習塾や予備校の戦略が大きく関係しており、例えば受験指導を強みとしている学習塾は、少子化により対象人口が減少している中でも一定規模を維持している上位志向層(有名難関校を目指している層)の需要を取り込む戦略を取り、業績を維持・拡大しています。このように、それぞれの学習塾や予備校が独自の戦略を立てることで業績が伸び、学習塾・予備校の市場規模は増加しているのです。

言い換えれば、学習塾をフランチャイズ開業してきちんと運営していくためには、何らかの戦略を立てる必要があります。どの層をターゲットにするか、どういうコンセプトの学習塾にするかといった点を明確にして戦略を立てることで、安定した経営を行うことができます。

年収はどのくらい?資格はいるの?学習塾の開業前に知っておきたいこと

学習塾をフランチャイズ開業する際に押さえておくべきポイントはさまざまです。ある程度の情報を事前に把握しておくことで、自分に合っているかどうか、理想的なフランチャイズ経営が行えるかなどをイメージしやすくなります。以下は、特に押さえておくべき3つのポイントです。

・年収は300万円~500万円ほど

学習塾のオーナーの年収は、生徒数が増えれば増えるほど高くなるといわれています。年収の平均値は300万円~500万円ほどといわれていますが、時流を考慮した戦略を立てて生徒数を増やせば1,000万円ほど稼げる場合もあります。

・特別な資格や学歴は不要

学習塾をフランチャイズ開業するにあたり、教員免許などの資格を取得する必要は一切ありません。また、特別な学歴がなくても全く問題ありません。これは学習塾が第三次産業に該当するためであり、学習塾のオーナーは指導者ではなく、生徒や保護者が求めているサービスを提供する従事者となります。そのため、常に生徒や保護者の声に耳を傾け、顧客にとって有益なサービスを提供することが大切です。

・資金繰りがしやすい

生徒数が増えるほど売上が上がるという点から、学習塾はストック型のビジネスといわれています。収入の大部分を占める授業料を前払い制にしているところがほとんどなので、売上が安定すれば資金繰りが行いやすくなります。特に高い売上が見込めるのは夏期講習や冬期講習を実施する期間で、通常時の2倍~3倍の売上につながることもあります。

年収や資格の必要性などをあらかじめ把握しておくことで、よりスムーズなフランチャイズ開業を実現することができます。どのような業種であっても、フランチャイズ開業に挑戦する際は事前に気になる点を確認しておくことが大切です。

フランチャイズで学習塾を開業するメリット

学習塾をフランチャイズ開業するメリットは、大きなビジネスチャンスや利益を得られる可能性が高いという点。その理由には、学習塾ならではの特徴が関係しています。

学習塾は他の業種と比べて初期投資が少ないので、多店舗展開を実現しやすいのが特徴です。また、在庫を持たずに開業・経営できるため、粗利益率も高くなっています。さらに、市場規模もプラス推移をキープしているので、今後も発展し続ける可能性が高いと考えられています。こうした点から、学習塾はフランチャイズ初心者の方でも安心して挑戦できる業種といえます。

この他のメリットとしては、ビジネスモデルをゼロから構築する必要がないという点があげられます。フランチャイザーによって確立されたビジネスモデルのノウハウを学び、それを生かすことで、安定的な経営を実現できます。また、既に成功事例があるので、失敗するリスクが低いのもメリットのひとつです。何かトラブルが起こったとしても、フランチャイザーに相談できる環境が整っているので失敗する前に問題を解決することができます。

フランチャイザーによっては、研修など経営ノウハウをより深く学べる機会を設けているところもあります。自分と相性のよいフランチャイザーを探して、不安感を払拭した上で学習塾をフランチャイズ開業してみましょう。

市場規模が微増していること、また初期投資が少なく、粗利益率が高いことから、学習塾はフランチャイズ開業にはじめて挑戦する方にぴったりです。フランチャイザーによって確立されたビジネスモデルに則りつつ、顧客が求めているサービスを提供できる戦略を立てれば、より安定した経営を実現できます。「フランチャイズ開業に挑戦したいけど不安」という方は、ぜひ学習塾に目を向けてみてください。イメージ以上の成功が待っているかもしれません。

(本コラムでご紹介している金額・期間・手続方法などの情報は、一般的なものにとどまります。詳しくは、FCオーナーズにお問い合わせください。)