フランチャイズチェーンと、代理店・特約店、のれん分けとの違いは? フランチャイズ・起業・独立・開業の相談をするならFCオーナーズ

FCオーナーズ会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

facebook IDでログイン

facebook IDでログイン

新規会員登録はこちらから

入力されたメールアドレス宛に、
新規会員登録ページの情報をお送りします。

フランチャイズチェーンと、代理店・特約店、のれん分けとの違いは?

アイコン

smile^^さん

フランチャイズ(企業情報・資金・業界・物件・サポート・海外など) その他

フランチャイズチェーンと、代理店や特約店、のれん分けとの違いを教えて下さい。屋号の継承、技術の共有などあまり変わらない様な気もしますが。

icon

ケイユウ さん

無料登録して回答を見る

①フランチャイズ
既存の成功したビジネスを買うことで、
仕入れから販売、役務の提供まで自分で行います。
商売のやり方は本部のルールに縛られます。(ブランドイメージを保つため)

②代理店、特約店
商品やサービスの販売権を買うことで
基本的に具体的な商品の販売やサービスの提供は販売元が行うことが多いです。(バックマージン方式)物販の場合は代理店が販売するケースもあります。(販売元が代理店に商品を卸すタイプ)
他の商売との併用が可能です。

代理店と特約店の違いは、一概には言えませんが、特約店の方がより独占的に商品やサービスを扱う権利を有することが多いです。代理店は特約店よりも軽いイメージで、無料で誰でもできるところも多いです。

のれん分けとは店の名前を使わせてもらうことです。ラーメン屋さんなどで勤めていた人が独立するときに、勤めていたラーメン屋さんの名前を使って新たに自分の店を開くようなケースです。法律的な関係というより、親方と弟子のような関係です。

あわせて見たい相談

  • 質問に答える

  • FCオーナーズに相談

icon