地元でのフランチャイズの業種選択について| 成功の説教部屋

08/03更新

FCオーナーズ会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちらから

入力されたメールアドレス宛に、
新規会員登録ページの情報をお送りします。

地元でのフランチャイズの業種選択について

アイコン

森進一さん

フランチャイズ(企業情報・資金・業界・物件・サポート・海外など)

地元へUターンしてフランチャイズで独立を考えています。
しかし地方の過疎地であるため、業種の選択の余地がありません。
少子高齢化で年代も偏りが強いです。総合的にどんなふうに選べばよいでしょうか?

icon

孫堅 さん

事業を選択する一つの方法は、需要と供給のバランスを見ていくことです。つまり、供給(競合店)の割に需要が大きいビジネスは、ビジネスチャンスが大きいと言えます。少子高齢化という事なので、高齢者向けの介護ビジネスなどは需要があるでしょう。需要があったとしても、供給過多になっている状況だと良いマーケットとはいえません。一方、若者向けのビジネスで需要のバイは小さかったとしても、競合が全くいなければその需要を独り占めできるため、事業として成立する可能性はあります。そのような観点であなたの地元のマーケット事情を調べてみましょう。続きは会員登録して見る

icon

ケイユウ さん

どのようなニーズがあるのでしょうか?
少子高齢化ということは、お年寄りが多いんですね。

そうするとお年寄りのニーズは何でしょうか?

居住人口、交流人口が少ない町ならば、来店型のビジネスは厳しいです。商圏を広くして訪問型のビジネスの方が良いかと思います。

商工会などに挨拶に行き、地元のニーズを聞くと言いと思います。

あわせて見たい相談

  • 質問に答える

  • FCオーナーズに相談

icon