事業計画書| 成功の説教部屋

05/25更新

FCオーナーズ会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちらから

入力されたメールアドレス宛に、
新規会員登録ページの情報をお送りします。

事業計画書

アイコン

カンタさん

フランチャイズ(企業情報・資金・業界・物件・サポート・海外など)

現在起業準備中です。よく起業に関する本やサイトで事業計画書の書き方が説明されていますが、今のところ作る予定はありません。やはり作成しておいた方がいいものなのでしょうか?

icon

劉備 さん

あまり時間は掛けなくて良いと思いますが、作っておいた方が良いです。事業計画を作っている中で、良いアイデアが浮かぶ事もあります。例えば、競合分析をすることで、競合店との差別化のアイデアが浮かぶ事があります。また、上手くいくケース、上手くいかないケースのPLも作成しておきましょう。そうする事で、運転資金をどれだけ用意しなければいけないかが把握できます。続きは会員登録して見る

icon

孫堅 さん

起業をするのであれば、事業計画書は、必ず作っておいた方が良いでしょう。事業計画書を作成し、あなたの起業当初の仮説(計画)を明確にしておきましょう。あなたの仮説が違っていれば、当初検討していた施策などを軌道修正する必要があります。施策の変更ではどうにもならなければ、業績目標の修正が必要かもしれません。そのような改善活動をするためにも、事業計画書は必要です。それらの改善が好業績の店舗を作り出します。また事業計画書を作成する中で、事業に込める想いが醸成されていきます。その想いの強さが、成功するかしないかを大きく左右します。どんな起業も、簡単には上手く続きは会員登録して見る

icon

ケイユウ さん

こんにちは。事業計画書はいろんな意味で作っておくことが望ましいです。目的としては、①外部のため、②自分のための2つがあります。

①外部のためとは
事業を開始するためには、お金が必要になります。資金を調達するためには、融資であれ投資であれ、事業計画書が必須です。
②自分のため
事業は思い通りにいかないものです。思い通りにいかなかない場合に、ぶれないようにするためにも事業計画は必要です。

あわせて見たい相談

  • 質問に答える

  • FCオーナーズに相談

icon