共同経営のリスク フランチャイズ・起業・独立・開業の相談をするならFCオーナーズ

FCオーナーズ会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

facebook IDでログイン

facebook IDでログイン

新規会員登録はこちらから

入力されたメールアドレス宛に、
新規会員登録ページの情報をお送りします。

共同経営のリスク

アイコン

aiaidy212121さん
2017.04.17 18:26

フランチャイズ(企業情報・資金・業界・物件・サポート・海外など) その他

学生時代の友人3人と起業しようと計画を進めています。起業について話すと必ず「共同経営はリスクが大きい」と心配されるのですが、どのようなリスクなのでしょうか?

icon

ヒューズ さん

2017.05.13 17:47

無料登録して回答を見る

夫婦や親子のような関係の共同起業は別として、友人等との共同起業はリスクが非常にリスクが高いと思います。

起業に向けて活動している時点では同じ方向を向いているパートナー同士でも、起業して事業を続けていくと、段々と方向性や事業への思い入れにズレが生じてきます。
このようなズレは、事業が軌道に乗らなくても、順調に進んでも生じてしまうものです。

ズレが生じた結果、一部のパートナーが経営から去ることになった場合、そのパートナーは出資した資金の回収を望むことになります。そうすると、経営にも支障が生じて、せっかく軌道に乗りかけた事業が頓挫するような事態も往々にしてあります。

もっともリスクの高い共同起業の典型は、「対等なビジネスパートナーとして50:50で出資し合って起業しよう!」というようなケースです。このようなケースでパートナー同士の意見に食い違いが生じると、前にも後ろにも進めなくなります。

その対策として、3人での共同起業であっても「80:10:10」のように圧倒的に経営への支配力に差を持たせる出資割合とすることも1つの選択肢です。

3人の関係が長期に渡って今の想いとその延長のままでいられるか、もし、3人の関係にズレが生じた場合にどう備えるか等について想像力を働かせて検討されるのが良いと思います。

あわせて見たい相談