失敗が怖い フランチャイズ・起業・独立・開業の相談をするならFCオーナーズ

FCオーナーズ会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

facebook IDでログイン

facebook IDでログイン

新規会員登録はこちらから

入力されたメールアドレス宛に、
新規会員登録ページの情報をお送りします。

失敗が怖い

アイコン

ごむさん

フランチャイズ(企業情報・資金・業界・物件・サポート・海外など) 法務(契約・債権債務など)

起業したいのですが、失敗した時のことを考えるとなかなか踏み切れません。例えば設立した会社が倒産した場合、経営者も破産してしまうのでしょうか?また、一度自己破産してしまうと、もう事業を始めることはできなくなるのでしょうか?

icon

ヒューズ さん

2017.05.15 17:11

無料登録して回答を見る

会社が破産したからといって、必ずしも経営者も破産するわけではありません。
会社の資産を債権者に支払って、会社の資産がゼロになったら破産手続きは終了です。
そもそも、法人としての責任と個人としての責任を分離することが、会社という制度の本質的なメリットの1つです。
ただし、会社の債務を経営者が個人として連帯保証人になっているような場合は、会社が破産すると連帯保証人として経営者個人が責任を負うことになり、経営者の破産ということもあり得ます。

会社が破産すれば、破産手続きの終了により法人格が消滅するので、その会社は事業できなくなります。
一方、経営者個人が破産しても、再度事業を始めることは可能です。
債務を一旦整理して再スタートをするというのが、個人の破産制度の目的でもあります。

あわせて見たい相談

  • 質問に答える

  • FCオーナーズに相談

icon