フランチャイズとのれん分けの違い フランチャイズ・起業・独立・開業の相談をするならFCオーナーズ

FCオーナーズ会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

facebook IDでログイン

facebook IDでログイン

新規会員登録はこちらから

入力されたメールアドレス宛に、
新規会員登録ページの情報をお送りします。

フランチャイズとのれん分けの違い

アイコン

えりさん

フランチャイズ(企業情報・資金・業界・物件・サポート・海外など) その他

表題の通りですが、FCとのれん分けの違いって何ですか?

icon

カフェイン さん

無料登録して回答を見る

確かに、違いが分かりにくい。
あんまり明確に区別されていないかもしれませんね。
私の感覚では、自由が効くのが、のれん分け。

icon

Myself さん

無料登録して回答を見る

以下、Wikipediaからの抜粋です。

■フランチャイズ
一方が自己の商号・商標などを使用する権利、自己の開発した商品(サービスを含む)を提供する権利、営業上のノウハウなど(これらを総称してフランチャイズパッケージと呼ぶ)を提供し、これにより自己と同一のイメージ(ブランド)で営業を行わせ、他方が、これに対して対価(ロイヤルティー)を支払う約束によって成り立つ事業契約である。

【出典】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%BA


■のれん分け
のれん分け(のれんわけ)とは、奉公人や家人に同じ屋号の店を出させる(出すことを許可する)ことを言う。商標等を共有しながら円満な形で独立することも指す。尚、運営方針、後継者争い、労働争議、等による敵対的な独立は「分裂」と呼ぶ。
【出典】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AE%E3%82%8C%E3%82%93%E5%88%86%E3%81%91


通常は、従業員に商号の使用を許可し独立させる制度ですね。
そうでなくてものれん分けと謳う企業もありますので区別は曖昧になっています。
カフェインさんが書かれていますが、加盟店の自主性、自由度を持たせるためにのれん分けと謳うケースがあります。

あわせて見たい相談

  • 質問に答える

  • FCオーナーズに相談

icon