サークルKサンクスが消える!全店ファミマに一本化! | フランチャイズニュース

07/16更新

FCオーナーズ会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

本部会員用ログインはこちら

サークルKサンクスが消える!全店ファミマに一本化!

2019/07/01(配信元:FCオーナーズ運営事務局)

  • お役立ち情報画像1

来年の9月の経営統合で基本合意しているファミリーマートと
サークルKサンクスを展開するユニーグループ・ホールディングスが
ブランドをファミリーマートに一本化する方針を固めた。

これでファミリーマートは国内で約18,000店舗になり、
業界最大手のセブン-イレブンを追いつく。

日販(一店舗あたりの一日の売上)を見てみると、
・ファミリーマート:約52万円
・サークルKサンクス:約44万円
であり、この数字を見てもファミリーマートの方が競争力がある。

統合発表後、サークルKサンクスの加盟店オーナーから
ブランド変更に対する不安の声があがっているが競争優位性の観点から
考えてもブランド統一のメリットはあるだろう。

両社は5年以内に国内店舗2万店、海外店舗1万店に拡大し、
グループ売上5兆円以上を目指す。