全てが F に!ファミマとサンクス経営統合が正式決定 | フランチャイズニュース

07/16更新

FCオーナーズ会員ログイン

パスワードを忘れた方はこちら

本部会員用ログインはこちら

全てが F に!ファミマとサンクス経営統合が正式決定

2019/07/05(配信元:FCオーナーズ運営事務局)

  • お役立ち情報画像1

2016年2月3日、株式会社ファミリーマートと、ユニーグループ・ホールディングス株式会社は
経営統合を正式に発表し、統合後のコンビニエンスストアブランドを「ファミリーマート」に一本化する。

9月1日付けでファミリーマートがユニーグループ・ホールディングスを吸収合併し、
持株会社「ユニー・ファミリーマートホールディングス」が発足する。
これによりユニーグループ・ホールディングスは8月29日に上場廃止となる。

約6,300店を展開するサークルKとサンクスは3年をかけて全店がファミリーマートに変わる。
フランチャイズ契約の更新・更改、内装や看板の変更に時間を要する。

3年を要するが、単純に既存店舗数を合算すると18,000店舗近くなり、
業界首位を独走していたセブン-イレブンと並ぶ一大チェーンが誕生する。


【フランチャイズ相談サイト「FCオーナーズ」運営事務局】